So-net無料ブログ作成

新しいDAPを買ってみました:『COWON PLENUE D』 [オーディオ・AV機器関連]

この度新しいDAP(デジタル・オーディオ・プレーヤー)を買ってみました。
今まではipod classicを長年使ってみましたがそろそろバッテリーの劣化が近づいているようで再生時間がかなり短くなってきた様な気がします。
DSC02398.JPG
これは80GBタイプで今でも十分な感じはしますが今後はセカンド機器として使う事にします。

今回新たに買う上で基準となるのが現在の支流となりつつあるハイレゾの再生が可能なモデルである事、更には基本機能は装備されていて操作が容易である事、出来るだけ小型・軽量である事、バッテリーの持ちがよい事なのです・・・そして予算は30kまでである事の以上です。

そこで色々とネットで調べたところ日本以上に中国や韓国ではハイレゾが主流のようで数多くのメーカーが関連商品を出しています。国内正規販売会社が品質管理や保証もしてくれるので安心して使えるようです。
メジャーどころでは海外メーカーでは『IRIVER / 韓国』や『FiiO / 中国(日本正規販売はオヤイデ電気)』がよく聞く有名どころです。

国内メーカーでは『SONY』『ONKYO』『Pioneer』『TEAC』などありますが国内メーカーのものはどれも高額で気軽に入手とはいきません・・・本来ハイレゾ音源を充分に発揮して『いい音』を楽しむのであれば予算は最低は60kは必要ですね。
国内メーカーの製品はほぼ60k以上します。
しかし、海外モデル特に今現在熱いのは中国や韓国製品の様でDAPに限らずイヤホン、ポタアン、DAC等はかなり多く発売されており実際シェアも拡大しています。特に中国や韓国のメーカーが多く機能も優れていてしかも割安なのが魅力です。

ネットで主にYouTubeではレビューなどで紹介されていて参考になりましたがその中で気になったのがアンソニーさんが展開している『TourbillonCafe』の紹介記事でこの記事が気になりました。

ここでは韓国のメーカーCOWONの『PLENUE D』という機種を紹介していますが拝見した後に『これいいじゃん!!』と思い早速購入してみました。
DSC02395.JPG
高級そうなアクセサリーなどが入っていそうな箱に入っています!!
DSC02396.JPG
蓋を空けるとこんな感じ・・・
高級感を出す演出は満足感を高めますね~♬
こういったものは外で聴いたりすることが多いので傷など付きやすい為、一緒に純正のケースと液晶保護フィルムもの購入しました。
DSC02397.JPG
今までのipodと並べてみました・・・かなりコンパクトですが厚みはあります。
DSC02399.JPG
ボディサイズは53.1mm(W) x 77.2mm(H) x 14.9mm(D) で重量94gですが2.8" 広視野角 靜電式 タッチLCD (240x320)は結構使いやすいです。

ケースに入れるとこんな感じこの純正ケースはよく出来ており高級感があります。
DSC02400.JPG
液晶部分は高解像度まではいきませんが使用するには充分な液晶画面です。
DSC02403.JPG
上部は縁取り加工した削り出しアルミ合金で造りもいい感じです。私はゴールドを選びましたが他にシルバーもあります。
DSC02404.JPG
右横にはボリューム/再生・停止/前・後の物理スイッチ。
DSC02406.JPG
左横はケースで隠れていますがmicroSDカードスロットル1基装備されています。これにより内臓メモリー32GBに加え最大microSD128GBまで拡張出来て合計160GBになります。
ハイレゾ音源オンリーでしたらもう少し欲しいところですがMP3であれは十分ですね!!
DSC02405.JPG
下部はmicro-USB2.0がありますがこちらはデータ転送と充電用で拡張性はありません・・・よってポタアンやDACの追加などは出来ず本体でのみの使用になります。

さてThe Beatles USB-BOXより全アルバム『24bit/44.1kHz』ハイレゾ音源でとりあえず実際に聴いてみると・・・確かに音はいいかな・・・しかし劇的に『音が素晴らしい』という感じではないです。
うーんどうしてだ!!と色々とネットで調べてみるとこのDAPはJetEffectというイコライザーの機能が優秀で48 Presets (44 Presets + 4 User Presets)ある音場を色々駆使してバンドルされている音場あるいは個人で細かく設定して登録することが出来る機能やEQは5 Band Equalizer (EQ Filter)、更にはBBE+機能によりBBE, Mach3Bass, 3D Surround, MP Enhance、Special EffectによるReverb (9 modes)などJetEffectに切り替えると確かに多彩な機能があり使いこなすのには時間が掛かりそうです。

まぁもう少し時間をかけて聴き込んでみないと良い点、悪い点の判別が付けられない気がしますが10時間程聴いた感想を言えばなんて言ったらいいか?若干音にパンチ力が無い感じがします、30k以下のDAPはいわゆるエントリーモデルとなるのでガツン!!とくる音で聴くには60k以上するDAPが必要となるのでしょうね。

拡張機能があればポタアン追加で変わると思いますがその辺が現段階の唯一の不満ですね・・・これらがJetEffectとイヤホンの変更でどこまで変わるかに期待です。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る