So-net無料ブログ作成

The Rolling Stones:『Blue & Lonesome』 [The Rolling Stones]

The Rolling Stonesのスタジオ録音アルバムの新作『Blue & Lonesome』が届きました。
実に11年ぶりの新作だ!!
DSC02585.JPG
ブルー色を基調としたベロマークのジャケットもカッコいい~
紙質はザラとしたマット紙の様で高級感もあります・・・
DSC02587.JPG
内側はレコーディング時のセッションの様子だろうか?かなり楽しくラフに見えます。
DSC02588.JPG

DSC02589.JPG
専用インナースリーヴも4人のセッション時の写真があしらわれている。キースがカッコいいぜぇ~
DSC02590.JPG

DSC02591.JPG
まだサラッとひと通り聴いただけではありますが今回のアルバムはブルース一色!!初期のストーンズに戻ったような楽曲が素晴らしい。楽曲の多くはブルースの名曲カバーとなるがそこはストーンズ風アレンジとでもいうのか彼らなりの味付けがされており全く別物に聴こえますね・・・

例えばレッド・ツェッペリンでもお馴染みの『I Can't Quit You Baby』もストーンズがプレイすればストーンズの曲になるんですよね・・・ん?意味が分からなかったけどミック・ジャガーのボーカル、キース・リチャーズのギターのリフ、ロン・ウッドのスライド奏法、チャーリー・ワッツのブルージーなドラム、さらに何といっても飛入り参加となるエリック・クラプトンのギターが素晴らしいです。

それにしてもレコーディングされたのは昨年12月のたった3日間で仕上げたのですから彼らはやっぱりスゴイ!!しかも、偶然にも隣のスタジオでアルバムをレコーディングしていたエリック・クラプトンが2曲(B面3曲目とD面3曲目)に飛入り参加でクラプトンとキースのギターの掛合いがカッコいい~セッションを楽しんでいます。

80年以降に発売されたスタジオアルバムの中では今回が一番いいのでは?と思います。

レーベルはこんな感じです。
DSC02592.JPG
少し味気ないブルーのレーベル。
DSC02593.JPG
私に届いたのは『MADE IN FRANCE』とあるのでフレンチ・プレスでした。
アナログ盤の音は言うまでもなく素晴らしいですよ!!
DSC02594.JPG
ストーンズのメンバーはミックが73歳、キースが72歳、ロ二ーが69歳、チャーリーが75歳と平均年齢72歳を過ぎた高齢なのであと何枚アルバムが出せるだろうか?そう考えると今回のアルバムはカバー曲が多いとはいえファンとしては嬉しい限りですね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る