So-net無料ブログ作成
検索選択

SHM-SACDの実力はいかに・・・その②:『Sticky Fingers』 [SHM-SACD]

梅雨に入ったとはいえ、、、今日の広島は晴れのち曇りなんかスッキリしない天気でした。
季節の変わり目は体調も今ひとつ・・・まだ腰も痛むしあ~イヤだ<(-、・)>

先日届いたストーンズの『スティッキー・フィンガーズ』じっくり聴きましたよ~
何たって世界初のSACD化しかもSHM-SACDです。期待が膨らみますよ~♪ ( ̄ー#)v
Sticky Fingers_01.jpg
ざっと聴いた感じ一言!『素晴らしい』よくぞここまでマスタリングしてくださった、、、と感動しています。もうこれがあると英国オリジナル盤は不要の産物!?(ウソウソで~す)位素晴らしい音ですね。何か久しぶりにSACDが聴けて本当に良かった~なんて思ってしまいました。1曲目の『ブラウン・シュガー』の迫力あること(`⌒´)!!ミック・テイラーのギター音がクッキリ鮮明に聴こえます。横で適当?(^_^;失礼に引いているキース・リチャードのギターが実はこんなに弾いているんだ~結構上手いじゃんなんて思いながら聴き惚れていました。
3曲目『ワイルド・ホース』のアコースティックの音とミックの息遣いもう気絶しそうですし6曲目『ビッチ』ではミック・テイラーとキース・リチャードの絡み具合なんか目の前で弾いているかのようで興奮しますね。

さて、ジャケットですが基本的には造りは変わりません。ジッパー部分も今回は印刷のものとなります。
Sticky Fingers_02.jpg
唯一違うと言えば開いた時に一番右側の部分が上に開きベロマークが出てくるだけです。まぁ一貫してジャケットの復刻精度を求めるのではなくあくまで音質勝負の匠的造りです。
しかし、いつの間にか『スティッキー・フィンガーズ』だけでこんなに増えました(-Д-\)=3
Sticky Fingers_03.jpg
下から英国オリジナル盤、MFSLアナログ盤、でかジャケCD,SHM-SACD,紙ジャケSHM-CD,紙ジャケCD、BOX-SETに入っている紙ジャケCDと7種類。

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

SHM-SACDの実力はいかに・・・:『Let It Bleed』『Beggars Banquet』 [SHM-SACD]

DBP-1611UDを使ってみて一週間色々なソフトを試してみました。BD,DVD-Audio,DVD-Video,SACD,CD等など・・・各メディアの記事は少し少しアップしていこうと思います。
先週の試聴の時のDVD-Audioには鳥肌モノの感動を受けました・・・
いや~今まで聴いていた『宮殿』のCDはなんだったのか?と思わせるくらい素晴らしいものでした。オリジナル・アナログ盤とほぼ同等のレンジの広く迫力ある音にはこれでもうCDは聴かない、、、(ウソウソ・・・)と思わせる音でした。
それに比べて少し(イヤイヤ・・・かなり)ガッカリだったのがSACD(ハイブリット盤)でした。確かにいい音?うーん!いい音、、、かな??とはっきりしないのであります。いい音と言われればそうかもしれませんが言われなかったら分からないそんな音なのです。これでは高いお金を払ってまで買う気になれません。CD層を有するハイブリッドレイヤーだからこんなもん??とよからぬことを思い始めました、、、(=。=|||)
そこで買ってしまった・・・(=`ー´=)
シングルレイヤー仕様のSACDしかもSHM仕様だー(`⌒´)!!
SHM_SACD_01.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る