So-net無料ブログ作成

Neil Young:【Sugar Mountain: Live At Canterbury House 1968】 [Neil Young]

ようやくNeil Youngのアーカイヴ・シリーズ第3弾【Sugar Mountain: Live At Canterbury House 1968】が発売されました。
過去2枚【Live At Massey Hall 1971】【Live at the Fillmore East 1970】と続き3枚目であるがどれもニールファンなら涙もののライヴ音源だけに今回もかなり期待している方も多いのではないでしょうか、、、
Sugar Mountain_01.jpg今回私が購入したのは米国CD盤にしました。過去2枚は全て国内盤を購入していましたが発売時期が遅い事と金額が国内盤とでは1000円以上も違うことから今回はこちらにしました。但し、さすが米国盤紙ジャケではありますが造りは今の日本の紙ジャケ造りには遠く及びませんね。CDをただ入れるだけのケースといった感じでCDも裸のままの挿入と大胆。。。まぁ国民性というかこれが米国盤なのですね。。。まぁ価格が安いから許せますが、、、
Sugar Mountain_02.jpg
ジャケット裏面今流行?のマスター・テープ・ケースの一部を使った感じのカヴァー。
Sugar Mountain_03.jpg
付属品としては2枚のインサートが挿入されています。
Sugar Mountain_04.jpg
NEIL YOUNG_archives.jpg
しかし!CDの内容は素晴らしい。1968年11月9、10日、ミシガン州アナーバーのライヴ・ハウス、カンタベリ・ハウスで行われた2日間のライヴ音源なのですが前回同様アーカイヴ音源にしては音も満足いくものです。ソロ・デビュー・アルバムのリリース直前ということで基本的にはソロ・ファースト【Neil Young】の楽曲が中心で私的には嬉しい選曲です。それに混じりBuffalo Springfield時代の楽曲【Expecting To Fly】【Mr Soul】も披露しております。私は夜一人でヘッドホンで聴くとかなり雰囲気が出ていいのでは。。。と思います。
Sugar Mountain_05.jpg
ディスクは2枚組左がCD、右がDVDですが今回はDVDはホントにオマケといった感じでニールの静止画をバックにCD収録曲のHi-Res Stereo音源、フォトギャラリー、来年初頭リリース予定の『Neil Young Archives Vol.1』のトレーラー映像を収録しただけでライヴ映像は収録されておりません、、、残念。国内盤もこれと同じ内容のDVDが付属するのであれば3480円(税込)はかなり割高感がありますので解説・歌詞カード、帯がどうしてもと言われる方以外は米国盤を選んで正解だと思いますね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。